看護課


病棟部門

 

看護総師長あいさつ

岸谷千幸総師長

 

 牛深市民病院は、ハイヤ節で有名な漁業が盛んな天草市牛深町に存在します。一時救命から終末期までの対応を行う、南天草地域における中核病院としての役割を担っています。
そのなかで私達看護課は、「患者様の人権を尊重し、安心で安全な看護の提供をする」を目標に、継続教育を考慮しながらの人材育成と働きやすい職場労働環境の整備に取り組み看護の質の向上を図っています。
まだまだ発展途上段階ですが、看護課全員で力を合わせ、患者様やご家族の立場に立った温かい看護が実践できるよう日々研鑽に努めているところです。看護師一人一人が牛深市民病院の看護師であることに誇りを持って働ける病院造りができればと考えています。
看護総師長 岸谷千幸

 

看護課概要

 

看護課理念

看護職員としての誇りを持ち、
看護課の基本を大切にし
患者様に満足していただける
質の高い看護を実践する。

看護課の理念に基づき、患者様に以下のように提示します。
私たちは、皆様の人権を尊重した看護を目指しています。
親切で丁寧なケアと、プライバシーの尊重に心がけます。
診断や治療について、わかりやすく説明を行い、
納得して検査や治療をうけていただけるよう最善の努力をしています。

 

看護課の目標

1 患者様の人権を尊重し、安心、安全な看護ケアを提供する。
2 スタッフが、やりがいの感じられる職場環境をつくる。
3 看護課として病院経営に貢献する。

 

看護体制   

一般病棟  13:1看護
療養病棟  20:1看護 

 

勤務体制

2階一般病棟  3交替制 (日勤 08:30~17:15・準夜勤 16:30~01:15・深夜勤 00:30~09:15)
3階一般病棟・療養病棟  2交替制 (日勤 08:30~17:15・夜勤 16:30~09:15) 

 

看護職員数

看護師81名(臨時20名・パート3名含む)
看護助手28名
平成28年4月現在

 

看護方式

固定チームナーシング
リーダーを中心として複数の看護師で構成されるチームにて日々の看護を行っています。一人の受け持ち看護師が、一人の患者様の入院から退院までの看護方針の展開と実践に責任を持ち、日々の担当看護師が看護方針に基づき看護ケアを実践していきます。

 

教育体制

看護課教育委員会を中心として継続教育への支援を行っています。各個人のレベルと目指す方向性に合わせて計画を立て、教育を行っています。
新人看護師教育
プリセプターシップ制度を導入しています。プリセプティー(新人看護師)に対し、プリセプター(指導者)が、一定期間マンツーマンで教育を行っています。またプリセプティーの悩みや不安を聞く良き相談相手の役割も担っています。チーム全体、病院全体であたたかく見守り指導しています。
看護実習生の受け入れ
共に学び成長していける臨地実習の場として、看護学生の実習を受入れています。
受け入れ看護学校
 天草市立本渡看護専門学校
 出水中央高等学校看護学科

 

外来部門

外来その1 外来スタッフ

 

 当院の外来は、常勤看護師、臨時看護師、事務員の計16人のスタッフで構成されています。
常勤医師のいる外科・内科・整形外科・小児科の診療が毎日行われ、眼科(火曜)、循環器内科(月曜・火曜)、耳鼻咽喉科(木曜・金曜)を熊本大学病院から派遣して頂いています。また、午後の特殊外来として、産婦人科外来(火曜・水曜)、ピロリ菌外来(火曜)、月1回の糖尿病外来を開設しています。
それぞれの外来の特殊性に合わせた看護を展開すると共に、手術、内視鏡検査、外来化学療法などにも対応出来るよう努力しています。また、牛深地区唯一の救急指定病院として昼夜を問わず救急搬入の患者様の受け入れを行っています。
 患者様を温かく迎え、患者様が安心して医療を受けられるようにお手伝いするとともに、人を大切にする看護をめざして頑張っています。
外来看護師長 福本忍
外来その1 外来スタッフ