理念・沿革

 

病院理念

『公平・公正な医療を提供し、地域住民の健康の維持・増進を図り、地域の発展に貢献する。』

本院は熊本県天草市南部の中核病院として緊急医療を始め地域医療を担っており、市民の皆様がこの地域で安心して暮らせるようより質の高い医療サービスを提供したいと考えております。

病院沿革

設立年度不詳 採炭企業の産業復興公団診療所として設立
昭和25年10月 魚貫村立診療所と改称(内科、外科を標榜)
昭和26年4月 魚貫村立病院として開設(病床20床)
昭和29年7月 5ヶ町村合併により牛深市民病院と改称(産婦人科増設)
昭和33年4月 増築により53床に増床認可
昭和38年4月 整形外科増設
昭和44年4月 牛深市牛深町1128-1に移転開院 牛深市民病院と改称
内科、外科、整形外科、産婦人科、小児科、循環器科、眼科、耳鼻咽頭科の8科を標榜
昭和44年4月 109床に増床認可
昭和44年10月 150床に増床認可
昭和46年10月 牛深市民病院隣接地に牛深市民病院伝染病隔離病舎新設(15床認可)
昭和47年10月 同上隔離病舎を、牛深市民病院事業として条例を一部改正
昭和58年4月 伝染病床15床を8床に変更
平成6年10月 牛深市在宅介護支援センター設置
平成7年12月 特一類看護から新看護へ移行
平成8年3月 消防法改正によりスプリンクラーを設置
平成8年4月 天草地域伝染病舎統廃合により、伝染病床8床廃止
平成9年5月 牛深市老人訪問看護ステーション設置
平成14年3月 牛深市牛深町3050番地に移転開院
内科、外科、整形外科、産婦人科、小児科、眼科、耳鼻咽頭科の7科を標榜(一般病床100床、療養病床50床に変更)
平成17年10月 一般病床105床、療養病床45床に変更
平成18年3月 天草市誕生 病院名を天草市立牛深市民病院に改称
平成20年4月 在宅介護支援センター廃止
平成22年3月 訪問看護ステーション休止
平成22年4月 地方公営企業法全部適用
平成22年4月 診療科にリハビリテーション科・人工透析内科を追加
平成29年4月 148床(一般病床105床、療養病床43床)に変更
現在に至る